旅行記 後半(3日目〜5日目)


旅行記 前半(1日目〜2日目
まえがき・・
今回のHawaiiへの旅は、10月からプアラニでお手伝している著者「まちゃひこ」こと福岡とプアラニ代表の「おさやん」こと大澤くんと2人のHawaii仕入れ珍道中?ではなく真面目な仕入れがスタートしました。
僕は旅行で何度かHawaiiへ訪問した事はありますが、今回はちょっと「勝手」が違いそうだ…今回の訪問目的は新柄の生地・レイ・フラグッズなどの仕入れと情報収集・情報交換がメインの仕入れになりそうだが、そう「がんばろう」と気を引き締めて午前中の仕事をやっつけて、午後成田へ向かったのである。
ハワイ到着!
出発 :02年12月14日(土) PM19:30成田発
到着 :02年12月14日(土) AM7:00ホノルル着

「ALOHA」後30分程でホノルル国際空港に到着します。と機長からのアナウンスで眠い目をこすりながらも「微妙な緊張感?ドキドキ感?」が込み上げてきた。
皆様も感じたこと絶対あるよなぁ〜?あのHawaii独特の香り…そう「ハイビスカス」や「南国の花の匂い」自分だけではないと、そう思いながら一番空いている入国審査窓口を探しダッシュで駆け込み、相変わらず愛想のない局員と2言3言言葉を交わし、到着ロビーから外に飛び出した瞬間、やっぱりしたよ。あの…「南国」の花の香り&「程よい爽やかな」気候。
そんな南国気分をちょびっと肌に感じながら、おさやんとHawaiiに無事到着ってことで乾杯タバコをしたのだ…「フゥ−」なんとなくクラットして美味いようでマズかった。
そそくさと一服を終え早速レンタカー屋へGO。
アロハスタジアム いつ来てもこの青空はたまんないッス〜 まちゃひこ ご休憩中♪
スワップミートへGO〜!
レンタカーでそのままアロハスタジアム…「スワップミート」を目指し、ハイウェーをつっ走しったのである。相変わらずスワップミートは人人&人。日差しを浴びながら、ハンドタオル片手にあっちきょろきょろ、こっちきょろきょろと目的のフラグッズや目新しい商品・アイデア商品を物色しながらお店で情報収集を行なったのである。
おだてる訳ではないが、やっぱりおさやんはすごい!ダテに十数回Hawaiiで仕入れしたり、プアラニの代表をしているのではない…感性や直感なのだろうか?
見るショップやフラグッズが違う。お店で販売している日本で販売していないオリジナル商品を一番に意識しているのだ。きっとプアラニのお客様や生徒さんが喜ぶ商品ばかりだ。
やっぱり!楽しい×2…この雰囲気でいろんな商品を視察していると、気付くとT-シャツはべチョべチョしっとり、体温は熱帯系って感じで、ハンドタオルもびっしょり。
既に時は「15時」であった。ビックリした。勿論、空腹だったし寝不足と歩きっぱなしのはずが、疲労をも忘れさせる仕入れであった。
まだ情報収集が完璧ではなかったので、明日またスワップミートに行く事をおさやんと確認し、HotelにチェックインするためハイウェーH-1をホノルル市内へ向かったのだ。
ワイキキはX’mas気分♪
ハワイのクリスマスツリー? で・でけぇ〜サンタ!身長約5m!!
わぁーすっげぇーマジ超綺麗。超デカって感じである。ホノルル市内は「X'mas」雰囲気に包まれ、私が見たことのないようなビッグツリーやクリスマスの飾り付け…、一般家庭の庭先や玄関に至るまで、全てが「X'mas」だった。
日本だったら、有名デートスポットになってしまいそうな!そんなX'masの演出です。
常夏の「X'mas」って変な感じがしたのは自分だけなのか???
そうだ!今年は僕にサンタさんは来るのだろうか?やっぱ、大人には来ないよね。
自問自答しながら、流れる景色をずーっと見つめていた。
Hotelにチェックインした安堵感からか、「ドド」っと睡魔が襲ってきたので、早めに晩飯を済ませ子供のように二人とも熟睡したのだった。
ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター前にて 定番!ワイキキビーチのサンセット
2日目
グットモ〜ニング
02年12月15日(日) AM6:00起床

「おはよう」とおさやんと挨拶を交わし目覚めたのだった。くっそ〜「男」だ。←意味不明だが、男性より女性の方が良いのは僕だけかなのか?
噂では聞いていたが、おさやんは病気なのか?それともただの「腹っぺらし」なのか?ビックリした。当然時差ボケと疲労で熟睡と思いきや!夜中に2度も起き、昨夜ABCマートで購入しておいた、「キットカット」チョコレートをぺロっと食べ、また眠る。それを2度もしたのた。おさやんには「ダイエット」という言葉はきっと通用しないしでしょうね。
ホテルの部屋からの眺め 何故ゆえランジェリーショップの前?
MADA in HAWAII リボンレイ発見!
今日は昨日のつづきで「スワップミート」へ仕入れと得意先への訪問と情報交換である。
昨日チェックした商品のリスト表を片手に、僕は助手席に腰掛け「スワップミート」へGO・GO。掛け声だけはいっちょ前なのだ。
今日も晴天、気持ちいいよ〜。
おさやんの様子がおかしい。。。。H-1を走行し左手にアロハスタジアムを眺めていたが、どんどんスタジアムが離れてくぅ〜〜!あれれれ、出口を間違えたのだ。どーりでおさやんが無口になっていたと思った。ちょっと5分位前に「以前スタジアムの出口を間違えて東方面へ行ってしまい、ハイウェーの出口が見つからず、ずっーと走行してしまった!」と聞いたばかりだったのだ。あーあやっちゃった。これで2回目。ドンマイ×ドンマイ。
スワップミートでは昨夜おさやんと作戦会議した目的の商品だけをチョイスし、店員と情報情報交換しスタジアムを後にするつもりが、おさやんがすごく綺麗な「リボン・レイ」を発見したのだ。流石!
全て手作りのリボンとは思えないほど繊細で綺麗なザインである。僕達は「HOW TO MAKE RIBBON LEIS」という本を持参していたが、本に掲載されていないアイデア商品が僕とおさやんの足を止めたのだ。本物のレイも綺麗だが、リボン・レイも本当に綺麗である。
お仕事「命」!?
次は生地!生地工場へ訪問し早速おさやんと2人で生地の選択に入る。
そう生地が重要である。マジで緊張しますよ。
「生地は大切である。」人気のある柄は即効売り切れてしまい、2度と手に入らない生地もあるからだ。曲・振り付け・縫製するドレスイメージも必要なので、だからこそ慎重に生地を選択しなければならないのである。
オバちゃん手作りのリボン・レイ
流石!!!流石代表のおさやんだ。これこそが実績と経験がなければ出来ない。
倉庫から選択した生地を一列に立て掛け、メモ帳と生地サンプルと「にらめっこ」を始めてから数分経過し、おさやんがまた倉庫を歩き回る!いつも以上に真剣…だ。
どんどん必要な生地と不必要な生地を選別開始。
生地屋さんのスタッフも「出る幕無し」って感じで、自分の店のように左右奥手前と次から次へと選別開始。
ってな感じで、なんだかんだで3件の生地工場と問屋を訪問し、かなりの時間を生地選択に要したのである。満足満足。
Hawaiiで直接の仕入れ以外は生地サンプルやパソコンで画像を見ながらTelやE-Mailで生地の購入をしているが、実際に生地屋さんで生地を広げ色や柄を見て選択するのは、想像力を最大限に生かし、実に楽しいいものである。

満足した生地の購入が出来たので、今夜はワイキキの街とアラモアナをパトロールしながら、街並みの「X'mas」の景色をおかずに「ステーキとロブスター」のセットをほおばったのであった。ちょっと贅沢だったかも!
旅行記 後半(3日目〜5日目)