エピソードT   エピソードU 

エピソードV
 エピソードW 

エピソードX
ハルキ初舞台に立つ
(フラダンス編)

はじめに・・・

地元「南浦和」じゃチョイト有名人。仕事は幅広くお米屋・ホテル・ガソリンスタンドを経営し毎日南浦和を米号バイク

で走り回ってる・・・、120kgバディに人懐っこいカワイイ瞳、お酒が入れば所構わず踊りだす。根っからの祭り好き

で神輿と聞けばば何処へでも駆けつける。 そんな憎めない後輩、「お祭り男」ハルキが2年前にハワイデビューし、

ハワイに魅せられ、ひょんな事からフラを習い始めた・・・。そして2005年9月23日さいたま市文化センター大ホー

ルで初舞台に立つまでをハワイでのエピソードと共にご紹介します。
エピソードT ハルキHAWAIIで大激怒!(ケンタッキー事件)
今回のHAWAII旅行は僕(OSA)とマチャヒコとハルキの野郎3人旅・・・とは言っても僕とマチャヒコは最盛期の夏に
向けて買い付け三昧のタイトなスケジュール、リゾート気分満喫の楽しい旅行って訳にはいかない。
ハルキにはそれを理解してもらって連れて来た。

無事、HAWAIIに到着♪
初ハワイで軽く興奮状態のハルキをよそに早速、空港でレンタカーを借りてお仕事開始!まずはスワップミートへ
取り引きのある業者とコンタクト、その後はハワイアン・ファブリックの仕入れで店を数件回る予定・・・既にハルキは
照り付けるハワイの日差しで汗だく、新品のTシャツ着てたのに首元がヨレヨレになってる。
スワップミートを出る頃は丁度お昼どき、とりあえず次の取り引き先のあるアイエア方面へ車を走らせた・・・。


  【車の中にて】
  ハルキ:「腹減りましたね、何か食いましょうよ。」

言われてみればお腹空いてる・・・ でも時間的にちょっと押してるしゆっくり出来ないなぁ、と思いつつ


  OSA:「何食う?」

  ハルキ:「お任せしますよ! 何処に何があるのかサッパリわかんないし」

  マチャヒコ:「適当にランチやってそうな店入っちゃおうよ」



てな感じで、ハワイアン・ファブリックのお店に行く途中で何か食べる事になったのですが丁度僕の目に入ってきた
のは「ケンタッキーフライドチキン」の看板・・・時間無いしここにしよ! と思い駐車場に車を停めた。

後になって思えば、このあたりから今までギャグを連発してたハルキが無口になった気がする・・・

店内に入りミールセットを3個まとめて注文(チキン3ピース・コールスローサラダ・ビスケッツ・ポテトのペースト状
の物&ドリンク)お腹の空いていた僕はチキンをがっついて頬張っていた・・・マチャヒコと次の店で買う商品の確認
などを話しながら・・・うん、やっぱりこの時もハルキは喋って無かったですね。

先に食べ終えた僕はトイレへ・・・戻って来るとハルキの姿が見えない・・・
マチャヒコがひとりでおいしそうにコールスローを食べてる


  OSA:「あれ?ハルキは?」

  マチャヒコ:「外に一服しに行っちゃった・・・なんか怒ってるみたいなんだけど・・」

  OSA:「怒ってる?」


窓の外に目をやると確かにハルキがこちらに背を向け一服してる。とりあえず外に出てハルキに声を掛けてみた



  OSA:「どったの? ハルキ」

  ハルキ:「・・・(無言)」

  OSA:「何?何? 怒ってんの?」

  ハルキ:「・・・(無言)」


さっぱり訳が分からない。でもハルキが怒っている事は間違い無いみたいだ


  OSA:「どーしたんだよ!」

  ハルキ:「・・・なんでケンタッキーなんスか!!」

  OSA:「え・・・」

  ハルキ:「ケンタッキーなんか日本で食えるじゃないスかっ! ハワイに来たんだからハワイでしか食べられ
        ないような物食べさせてくださいよっ!」

   OSA:「・・・(絶句)」


嘘だろっ!! そんな事で怒ってんのかよォォ〜!! 
どうやらハルキにとっては
楽しみにしていた憧れのハワイに着いて、最初の食事が日本でも散々食べてるケンタッ
キーだった事が
許せなかったようなのだ・・・。
ハルキはこの旅行の楽しみのひとつに、その土地ならではのおいしい料理や伝統料理をたらふく食べる気満々だ
った、飛行機の中でもロコモコやシーフードのおいしい所行きたいって、しきりに言ってたもんな・・・。

ハワイに来た時は7割方ジャンクフード系の食事で済ましていた僕らにはケンタッキーも至って普通の食事だった。
ただ・・・「食」に人一倍思い入れある食いしん坊ハルキの気持ちを忘れていた・・・

  「・・ご、ごめんよ、ハルキ」

仕事のついでに連れて来ちゃったけど酒の席でさんざんハワイの話しをして、来る気になったんだよな。
ハルキにもハワイを好きになってもらわないと連れてきた意味がない・・・反省。
ハルキの気持ちはよく分かった、この旅行は仕事もするけどハワイのおいしい物食べていっぱい遊んで楽しもう!
そんなような事をハルキに話し何とか機嫌を直してもらった。

この日の夕食・・・僕とマチャヒコはハルキの凄まじい食欲にド肝を抜かれた。
今はCLOSEしてしまったおいしいタコス屋で外人でもそんな食べねーよ!って位食べまくり。
何でそんなに食えるんだぁ・・・恐るべし120kgバディハルキ。




HARUKI'S MEMORIAL GARALLY PART1
シュリンプ屋さんの前にて よくいるJapanese観光客
ノースにて・・・フラダンスのつもりらしい ノーコメント・・・

 エピソードT   エピソードU 

エピソードV
 エピソードW 

エピソードX
ハルキ初舞台に立つ
(フラダンス編)